food

宿泊予約をする

秋田県は日本海や、白神山地を代表する山河に抱かれ、
広大な県土を有しています。

四季折々の豊かな自然は、山菜や魚介、
農畜産物などの食材を豊かに育んできました。

長い歴史を持つ伝統野菜や心温まる郷土料理など、

山海の幸に恵まれた秋田の食文化を心ゆくまでご堪能ください。

秋田米 うまさ満開 サキホコレ

本アイコンはサキホコレ取り扱い施設の表示となり、本サイト上でご紹介しているお料理への使用有無とは異なる場合がございますので予めご了承ください。また、取り扱い期間、その他詳細につきましては、各施設へお問い合わせくださいますようお願いいたします。

  • 女将手づくりの夕食御膳

    自慢話

    食膳に並べられたお料理はすべて女将の手づくり。山菜や渓流の魚、旬の食材でもてなします。多郎兵衛オリジナルの味をご堪能ください。※画像の御膳は一例となります。季節によって提供内容が異なる場合がございますので詳細は別途宿泊施設へお問い合わせください。

    旅館多郎兵衛

  • 皆瀬牛のステーキ付きプラン

    自慢話

    栗駒山麓の豊かな自然に囲まれて育ったみなせ牛は、肉質がまろやかで、風味豊かなとろけるような柔らかい牛肉です。また畜産農家が少なく小規模なため、秋田県内で消費される希少な肉牛でもあります。その牛肉の最高部位でもあるサーロインをステーキでお召し上がりください。そのほか地場食材を使ったお料理を手心込めてお創りします。

    小安峡温泉湯の宿元湯くらぶ

    和洋コース料理・朝食バイキング

    自慢話

    季節物を使用した前菜や新鮮な海の幸に牛ステーキ、秋田名物稲庭うどんなど、秋田らしさをふんだんに取り入れた、和洋どちらも愉しめるコース料理が自慢です。約30種類のメニューをお愉しみいただける朝食バイキングは、地元食材を活かした地産地消で栄養満点です。

    湯沢グランドホテル

  • <料理長特選おまかせ会席>料理長が厳選した食材で秋田&旬の会席

    自慢話

    色んなお料理を楽しみたいという方におすすめ。横手黒毛和牛をメインに、秋田・横手の旬の食材をふんだんに使用しました。前菜・八寸は目でも楽しめる華やかさ。当館最上級の会席をお楽しみくださいませ。

    ホテルプラザ迎賓

  • 皆瀬牛堪能プラン

    自慢話

    地元産の山菜・きのこに加え、皆瀬牛のサーロインステーキ(A5ランク約150g)がセットになっています。肉質がまろやかで、とろけるような食感はまさに絶品!是非一度ご賞味下さい。

    奥小安峡 大湯温泉 阿部旅館

  • 秋田米 うまさ満開 サキホコレ

    稲庭折衷御膳

    自慢話

    湯沢市の自然に恵まれた創業100年の酒蔵から作った酒粕を使用した鍋、また、酒蔵が並ぶ増田の塩麴で漬けたお肉をご用意しています。食前酒には湯沢のお酒をご堪能ください。これからの季節、身体の中から温まり美容と健康に…自信を持ってお出しできるお膳です。

    湯沢ロイヤルホテル

  • 秋田米 うまさ満開 サキホコレ

    宿泊者限定新メニュー

    自慢話

    千畑温泉サン・アールでは宿泊者限定で新メニューの提供を開始しました。『ごっつぉプラン』は秋田名物を交えた前菜や旬の食材を使用した煮物や揚げ物、御造りや季節に応じたお肉料理など、お魚もお肉も食べたい方におすすめです。『秋田和牛プラン』のメインは和牛ステーキ。その他和洋折衷のお料理でディナーをお愉しみいただけます。ご予約の時期により内容は変更となりますので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

    千畑温泉サン・アール

  • 秋田米 うまさ満開 サキホコレ

    西明寺栗釜飯御膳(※要予約)

    自慢話

    春にピンク色の絨毯のように咲き誇るかたくりの群生地は、西明寺栗の栽培地としても知られております。300年以上前からの歴史を持ち、一つ60gは超える日本一大きな秋の味覚「西明寺栗」をあしらえた、西明寺栗釜飯御膳は栗の食べ応えはもちろん、見た目も味も楽しめる一品となっております。釜飯のほか、煮栗や焼き栗、渋皮煮、栗焼酎など、実の大きさと美味しさが好評です。

    西木温泉ふれあいプラザクリオン

    熱々の牛ステーキや、秋田の郷土食~“和・洋・中”を取り揃えたバイキングプラン

    自慢話

    ご夕食バイキングは、オープンキッチンで目の前で焼く"牛ステーキ炭火焼き"や揚げたて天麩羅。お寿司や八幡平マッシュルームハンバーグなどが食べ放題!他にも秋田の郷土の味覚や和・洋・中の定番料理もご用意しておりますので、大人~お子様まで大満足いただけるバイキングです。ご朝食バイキングは、定番メニューから郷土食まで優しい味わい勢ぞろい。新鮮なフルーツ各種など朝からご満足いただける品揃えです。

    天然温泉田沢湖レイクリゾート

  • 秋田ふぅ~どビュッフェプラン

    自慢話

    2021年4月よりビュッフェの内容を一新。以前と比べグレードアップしたビュッフェでご用意いたします。旅するお客様の楽しみのひとつ「食事」をより深く味わっていただけるよう、今まで以上に秋田の美味しい素材に焦点をあて、和洋料理の他に様々な地元・旬の素材や郷土料理など数々のグルメをもってご堪能いただける内容となっております。<一例>秋田由利牛のローストビーフ、秋田セリといぶりがっこのピンチョス、秋田の寒天料理、秋田の鍋料理(秋田の地鶏「比内地鶏」の出汁を使用)、ビーフストロガノフ ガーリックライス添えなど

    休暇村乳頭温泉郷

  • 秋田のブランド牛2種を食べ比べ!あきたまるごと膳

    自慢話

    秋田のブランド牛2種をしゃぶしゃぶや陶板焼きなどで食べ比べ、海の幸や川魚など秋田の食材をふんだんに使った料理長自慢のお食事をお楽しみ頂けるプレミアムコースプランです。お食事の際には国内外の大会で数々の賞にも輝き、お客様にも大変ご好評を頂いている自社製「田沢湖ビール」もご一緒にご賞味下さいませ。※お子様のお食事は年齢に合わせた子ども向けの内容でご用意しております。※アレルギー等で食べれない食材がある場合は事前にご連絡下さい、内容を変更させて頂きます。

    あきた芸術村温泉ゆぽぽ

  • 炭壌米あきたこまちのルーロー飯

    自慢話

    毎月行われているイベントの中からお酒を飲んだ後のしめご飯として生まれた一品です。箸でほぐれるほど煮込んだ豚肉と地元の野菜を取り入れ、上にのせた温泉玉子の黄身をからめて食べていただきますとミネラル豊富な炭の粉を与えて育てられた炭壌米あきたこまちのご飯がすすみます。

    角館温泉花葉館

  • 底曳船「萬盛丸」から揚がる新鮮な旬の男鹿の海の幸を使った料理

    自慢話

    底曳船「萬盛丸」が水揚げした、地元男鹿の新鮮な旬の魚介をはじめとする海の幸を中心とした夕食が自慢です。品数やお刺身・焼魚などに使用する魚の種類など、ご宿泊プランによって調整可能となっておりますので、お気軽にご相談ください。(※画像は一例で提供内容が異なる場合がございます。予めご了承ください。)

    男鹿萬盛閣

  • あんぷら餅

    自慢話

    「あんぷら餅」は男鹿で古くから食されている田舎料理です。「あんぷら」は男鹿の方言で「じゃがいも」のことをいいます。オランダ語の「アールト・アッペル」が語源といわれています。男鹿では昔からじゃがいも作りが盛んで、じゃがいもからでんぷんを取るのが女性たちの仕事でした。お米とすりおろしたじゃがいもをこねてお団子状にしたものをゆでて、しょうゆ味や味噌味の汁物にしたり、焼いておやつにして食べていました。お米が充分手に入らなかった時代にお腹を満たすため、女性たちが考えたアイデア料理です。男鹿のおふくろの味と言えます。当館では自家栽培のあんぷらを使用し、宿泊のお客様皆様にご提供しています。

    元湯雄山閣

  • 秋田錦牛の石板ステーキ

    自慢話

    秋田の県産食材を使用したメニュー。自慢できるブランド牛『秋田錦牛』をうま味を引き出せる石板で焼いてお召し上がりいただきます。

    男鹿観光ホテル

  • 秋田米 うまさ満開 サキホコレ

    名物!豪快男鹿の石焼料理

    自慢話

    男鹿の漁師に伝わる伝統料理、石焼をお客様向けにアレンジ考案した元祖石焼の宿として、変わらぬレシピや体感する料理としてご提供しています。桶は秋田杉、「金石」は直前まで熱していたいため火鉢はお客様の目の前までお運びします。秋田の米麹味噌に秋田のお酒、北浦沖で獲れた新鮮な身のしまった白身魚のみ使用。男鹿の海藻と共にお召し上がりいただきます。

    男鹿ホテル

    秋田歳時記八寸盛

    自慢話

    当ホテルにご宿泊して頂いたお客様に、秋田県内の名物料理を知って頂く事と秋田県在住者の方にもホテルサンルーラル大潟の料理人が色々な角度から新しい発見をしてもらいたいという思いで、「お酒に合う」「話が弾む」「季節を感じさせる」をコンセプトにして、前菜盛合わせにしてお客様にお出しする最初の一皿にして提供する事と致しました。四季を感じて頂くため、春夏秋冬の季節で名物料理を変えて提供しています。

    ホテルサンルーラル大潟

  • 馬刺し、馬肉ステーキ、馬肉煮つけ

    自慢話

    農耕作業に馬が活躍していた時代、肉屋の傍ら、馬肉煮つけ・馬肉うどんを売って商いをしていた先々代。先代は二度の火災に遭いながらも、肉屋を営みながら馬肉の義経鍋・馬肉ステーキ・馬刺しを看板メニューに加え飲食業も営みました。馬肉はタンパク質が多く脂肪分が少ないため、ヘルシーな健康食品として話題です。当ホテルの馬刺しはまろやかで食通の方におすすめで、また馬肉ステーキは柔らかくジューシーなヒレ肉を使用しており、秘伝のソースは馬肉の味を一層引き立たせます。現在自社牧場に北海道から仕入れた馬60頭と、300頭の牛を飼育しており、牛肉は松尾牛として県内外に発送中。詳細は弊社公式サイトをご覧ください。

    ホテルニュー松尾

  • キリタンポ付 峠の四季の膳

    自慢話

    大館の名物きりたんぽ鍋が付いたお得な宿泊プラン。日本三大地鶏である比内地鶏の出汁は絶品です。食事の後は天然温泉でリフレッシュ!!朝食は「あきたこまち」を炊き立てでお召し上がりください。

    大館矢立ハイツ

  • 小坂を楽しむ ワイン&フルコースプラン

    自慢話

    小坂七滝ワイナリーで製造するワインは、原料をすべて国内産の葡萄を使用する「日本ワイン」であり、「山ぶどう系品種」を使った赤ワインは、肉料理はもちろん魚料理にも合う飲みやすいワインです。今回は主力ワインの「ワイングランド、小公子、岩木山葡萄」の三種を飲み比べて楽しむコースをご用意いたしました。メイン料理には小坂町が誇る「十和田湖高原ポーク桃豚」のソテーをお召しいただきます。フルコースで使用する様々な食材に、どのワインが合うかを楽しみながらおくつろぎください。

    ホテル小坂ゴールドパレス

  • かづの美味いもんプラン

    自慢話

    地産地消をテーマに「かづの牛」「十和田湖高原ポーク」「けいらん」「しそ巻き大根」「北限の桃」等、鹿角産品をふんだんに使用した料理内容です。また収穫期には社員が育てた農場の新鮮な野菜を一部使用しております。

    ホテル鹿角

    愛合膳(あいあいぜん)

    自慢話

    カップルに嬉しい仲良しコース。2コース分の20品を二人で分け合う新スタイル。例えば、違う前菜が1つずつ。焼き物は「秋田牛・かづの牛食べ比べステーキ」と「鮑の踊り焼き」が一品ずつ。(季節により変わることがあります)好きな方を食べるも良し、ちょっとずつ分け合うも良し、新感覚のシェアスタイルコースです。
    ※画像は2名様の一例イメージとなります。季節などにより内容は変わりますのでご了承ください。

    龍門亭千葉旅館

  • 秋田米 うまさ満開 サキホコレ

    特選料理プラン

    自慢話

    秋田かづのの美味しいを堪能したい方にぴったりな特選料理。
    鹿角(かづの)はきりたんぽ発祥地!昔ながらの当時の味を出来るだけ再現した『きりたんぽ鍋』をはじめ、秋田ブランド牛で超希少の高い『かづの牛』、柔らかく風味豊かな旨味が詰まった熟成肉『八幡平ポーク』など、地元の新鮮な旬の食材をふんだんに使った郷土料理をお楽しみいただけます。

    旅館岡部荘

  • 秋田米 うまさ満開 サキホコレ

    あきたこまちを使用した和朝食

    自慢話

    おいしい秋田米は朝からおかわり自由です。一日の活力とバランスを考慮した特別朝食と、さっと食べられるお手頃価格の二種をご用意しております。※画像は10月18日現在の特別朝食メニューとなります。宿泊プランによって変更がありますため、予めお問い合わせください。

    協働大町ビルおおまち荘

  • 創作会席や秋田の鍋料理満喫プラン

    自慢話

    秋田ならではの食材・調理法にて郷土の温もりを感じられる郷土会席をお召し上がり頂けます。特に比内地鶏で丁寧にダシを取った鍋、メインの具材をきりたんぽ、山の芋、ジュンサイからお選びいただけますがどれも秋田の自慢の味でございます。朝食でお召し上がりいただいている『あきたこまち』は地元農家より仕入れており、炊きたては甘さが最高のごちそうになります。「朝から食べ過ぎる」と好評です。

    湖畔浪漫の宿 かたくりの花

  • 熊鍋

    自慢話

    ジビエ料理の一品として宿泊者に提供している「熊鍋」は体を温め、滋養強壮効果が高く、コラーゲン・食物繊維・ビタミンも含まれている熊肉を、自社製造のどぶろく「マタギの夢」を加えて数時間煮込んで調理しており、脂のあまみや、肉の歯ごたえと柔らかさがある独特な食感が特徴であります。
    (写真はイメージです。実際のお料理内容と異なる場合がありますので予めご了承ください)

    打当温泉 マタギの湯

  • お勧め!特選季節の料理プラン

    自慢話

    「秋田のこころ」を伝えるというコンセプトのもと、館内の設いやお食事・お酒全てに秋田の郷土を感じて頂けるよう努めております。特に夕食は秋田名物きりたんぽ鍋。比内地鶏のスープでじっくり出汁を取り、地元銘酒にも合うよう仕上げております。また、秋田錦牛のサーロインを使った陶板焼きを初め、地物に拘った食材、調理法をお楽しみいただけます。当館は全室に副室としてダイニングルームを設えており、夕・朝食共にお部屋から離れずにお召し上がりいただけます。食事以外にもお茶や読書等に自由に利用いただけます。

    花心亭しらはま

  • 特選洋食フルコース

    自慢話

    創業当初より、シェフが地元の食材を洋食にアレンジ。春は山菜から、夏は「百宅(ももやけ)蕎麦」、秋はキノコ汁など、リピーター様の人気も高い、お料理コースです。メインはやはり由利本荘市のブランド牛「由利牛」をご提供いたします。

    ホテルフォレスタ鳥海

  • 温泉甘酒

    自慢話

    温泉甘酒は秋田県の発酵文化から生まれた「あめこうじ」と山からの清水を使用し黒湯温泉の源泉で一昼夜ゆっくりと醸された甘酒です。疲れた身体にやさしい甘さがしみわたり免疫力の向上、腸内環境の改善が期待できます。温泉甘酒とご入浴を合わせることで身体の内外からの美肌効果も期待できます。ホット・アイスどちらでもお召し上がりいただけます!

    黒湯温泉

  • モクズガニ川蟹料理贅沢プラン

    自慢話

    雄物川で獲れる川がに(モクズガニ)は当地方の郷土料理の食材として昔から親しまれてきました。
    当苑では、さまざまに調理した「川がに料理」をご用意し、最も人気が高いプランとなっております。特に、かにみそを5~6匹分集め、甲羅で焼き上げた贅沢な料理「かにみそ甲羅焼き」は日本国内でも見かけることがなく、とても珍しい一品として好評をいただいております。育まれてきた当地の伝統料理は今後も守っていきたいと思っています。

    強首温泉樅峰苑

  • 地元鹿角発祥 きりたんぽ鍋

    自慢話

    日本三大地鶏の一つである、比内地鶏のガラ、肉を使い、出汁を取るのに半日かけてコトコト煮込んだ当館自慢のきりたんぽ鍋。明治5年創業の地元味噌醤油醸造元の醤油など地場食材をできる限り使用。大鍋で作ることによって、いろいろな食材の出汁が結び合ってできるきりたんぽ鍋は、誰が食べてもお口に合うように調味料の割合を試行錯誤した一品です。

    四季彩り秋田づくし湯瀬ホテル

  • 男鹿近海で獲れる魚介と季節の山の恵みを取り入れた和食膳

    自慢話

    男鹿近海で獲れる魚介を中心に、季節の山の恵みを取り入れた郷土料理です。深まりゆく秋の中、心と体の内側から温まるお料理です。男鹿温泉とともに、「食」で男鹿半島の季節感をお楽しみくださいませ。

    男鹿温泉結いの宿別邸つばき

  • 秋田麻婆豆腐

    自慢話

    秋田県産の食材を活かした商品作りに力を入れてた時期に新しく発表された三種町産の豆板醬と秋田味噌を使用した秋田麻婆豆腐を考案。秋田県産の食材と中国産の食材の食べ比べをお楽しみ頂きたく新メニューとして提供。単品の他、熱々の石焼きの器の中にチャーハンを敷きその上から麻婆豆腐をかけ熱々の状態でお召し上がり頂けます。当店オリジナルの商品をお楽しみ下さい。

    アキタパークホテル

  • 秋田牛付和食会席膳プラン

    自慢話

    秋田牛は秋田の米をキーワードにした、新しいブランドの黒毛和牛です。口溶けが良くなめらかな味わいといわれる牛肉をふんだんに使った会席膳をお楽しみください。陶板焼きはもちろん、秋田牛の握り寿しは好評で人気があります。

    秋田温泉さとみ